ダイエット

ダイエットにピッタリな青紫蘇、今年は零れ種から、大量に育ってます!!

水耕栽培中の青紫蘇大葉こと、青紫蘇、庭とも言えないような家の傍らで、今年は豊作になりそうです。

去年は、種撒き遅かったし、その上で、伸び盛りの頃に、工事になっちゃって、荒らされ捲りで、水もあげられず、ホントに悲しいくらいのしょぼしょぼ青紫蘇だったけど、それでも、種ができて、大量に零れ種してたんだね〜。

春は、雑草に埋もれてたせいもあって、梅雨時の後半まで気付かなかったのだけど、気付いたら、凄〜い、紫蘇の海!

まだ、大きくはなってないし、かなり過密状態なので、結構、頻繁に間引きして、間引きした紫蘇も食べてるのだけど、取っても取っても、まだ、うじゃうじゃと、小さい紫蘇の海…。

大きくなりそうなものの周りを中心に間引いてるけど、間引き切れずに、ひしめいている紫蘇も多くって。

少しずつ、間引いては、キッチンで水耕栽培にして(水耕栽培にしないと、水不足で少し萎びかけてるし…)、そして少しずつ食べてるけど、結構、食べがいがあるわ〜。

でも、キッチンに水耕栽培状態で育てておくのは、何気に便利で良いです。根がついたままの方が、切り花状態より、断然、持ちも良いしね。


シソには、ポリフェノールの一種の「ロズマリン酸」と、話題のαリノレン酸が含まれるだけでなく、βカロテンの他、紫蘇には必要な栄養素がたっぷりと入っているのだそうです。

ロズマリン酸は、血糖値の上昇を抑えるし、炭水化物が分解されてできる麦芽糖がブドウ糖に分解されるのを抑制することで、余分な糖分や脂肪分が腸から吸収されるのを抑制する、という働きもあるみたい。

要するに、ダイエットにピッタリ!


とはいえ、必要な分量を摂取するには、1日20〜30枚の紫蘇を食べる必要があるみたい。
ということは、薬味にして使うだけじゃ不十分ってことで。
色んな方法で食べるのが良いってことね。

ロズマリン酸は加熱してOKで、βカロテンの吸収のためには油が必要ってことで、炒めものや揚げ物にもピッタリな紫蘇。

でも、ダイエットするなら、揚げ物はちょっとパスして、少量の油を使う料理に、一緒に入れてみるのがよいかなぁ。
最近、気に入ってるのは、ズッキーニと舞茸と青紫蘇のチャーハン。結構、たっぷりと紫蘇が入れられるし、程良く良い香りです。

ロズマリン酸は加熱OKだけど、水に溶け出すので、煮物とかに使う場合は、汁まで飲めるタイプが良いみたい。


大葉使ったレシピは、近日、クックパットの美味しいダイエット・レシピ考案中にUPしますし、その後も、引き続き、レシピ紹介する予定です。


タグ:青紫蘇
posted by 美玖 at 2008年08月04日 | Comment(0) | TrackBack(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。